トレンド

G20の影響?女子トイレのサニタリーボックス撤去で不満の声

G20の影響?鉄道各社駅構内の女子トイレのサニタリーボックス撤去で不満の声「どこに捨てればいい?」

女性の身になってみないと理解は難しい?

サニタリーボックスとは?

主に女子トイレの個室内に設置されている使用済みの生理用品を捨てるボックス。

2019年G20大阪サミットに先駆けてのテロ強化の一環として、公共の場に設置されているロッカー、ゴミ箱が次々と撤去、もしくは封がされるなか、鉄道各社駅構内の女子トイレに設置されていたサニタリーボックスまでが撤去されたと大きな話題に。

女子トイレからサニタリーボックスが撤去される!どこに捨てればいいの?と不満の声

SNS上で次々と鉄道各社駅構内の女子トイレからサニタリーボックスが撤去されたとの報告が拡散されました。

メッセージと共にアップされた画像には女子トイレ内に放置されたとみられる生理用品が確認でき、女性利用者を中心に不満の声が噴出。

不満の声

•意思決定の場には女性がいなかったのか

•事前に撤去する等の通知が欲しかった

• 持ち帰り用のビニール袋が欲しい

といった不満の声も聞かれる一方で、男性を中心に賛成意見の声も上がります。

賛成の声

•テロ防止を考えると仕方がない

•各自ビニール袋を用意して持ち帰ればいい

•ずっとではないし、期間中くらいは我慢が必要

といった肯定的な意見も多数、男女で意見が大きく分かれる結果になりました。

日本は世界一のサービス大国でおもてなしの国であることも知られています。反面、クレーマーを多く生み出しやすい社会でもあります。

もし諸外国で同様のサニタリーボックスの撤去措置が取られた場合、果たしてここまで大きな問題と発展するかは疑問が残ります。

国土交通省が鉄道各社にサニタリーボックスを撤去するように通知していた

国土交通省の通知に従って鉄道各社はサニタリーボックスの撤去をしており、鉄道各社がやり玉に上げられてしまうのは酷な気もします。

そして国土交通省もテロ防止の観点から撤去を決めており、世界各国から訪れるVIPの安全を確保するためには致し方ない決定であったと思われます。

基本的にはトイレ提供者側のサービスで設置されているもの

有料トイレならまだしも、基本的には鉄道各社のサービスで設置されているものと考えれば、従うしかないのではとも思います。

家庭用トイレにはそもそもサニタリーボックスが設置されていない場合も多く、客として訪れたとすると、仮に設置されていたとしても遠慮してビニール袋等に包んで持ち帰る女性も多いと思います。

個人的には今回のサニタリーボックスの撤去はテロ防止の観点からも致し方ない措置でありますが、事前に通知等はあっても良かったのではと思います。

さいごに

ここまで大きな反発が議論されるとはG20主催者側や鉄道各社も誰ひとり予想していなかったのではないでしょうか?

このような不満が拡散されて大きな同調へと広がったのは、本格的なSNS全盛の時代の到来を予感させます。

匿名で誰でも自己主張のできる時代は便利な時代ではあるものの、企業にとっては大変な脅威であり、戯言と安易に無視できる時代ではなくなってきていると実感します。

関連記事はこちら