トレンド

イートイン脱税?正直者が損?コンビニのイートイン利用は自己申告制

軽減税率!正直者が損をする?スーパーやコンビニのイートイン利用は自己申告制

軽減税率の穴を突くイートイン脱税は起こるべくして起こった?

スーパーやコンビニのイートイン利用は10%!持ち帰りは8%?

2019年10月1日より8%から10%へと引き上げられた消費税増税ですが、一部商品や飲食方法によって税率が変化する「軽減税率」で混乱が起きています。

スーパーやコンビニのイートインコーナーを利用した店内飲食は消費税10%に対し、持ち帰りは8%となりますが、店内飲食の際はレジで「自己申告」する必要があります。

この自己申告が非常に曲者で、故意かは不明ながら店内飲食を自己申告せずに堂々とイートインコーナーを利用する人が続出しています。

ネット上ではこの行為を皮肉を込めて「イートイン脱税」とも呼ばれています。正義感のある客がイートイン脱税をするマナー違反客を店員に通報する事案が発生しています。

マナー違反客を通報?お店側は対処しない方針

店内飲食の自己申告は客の性善説で成り立っており、店内飲食を申告せずにイートインコーナーを利用する客に関しては黙認する方針。

店内飲食を申告せずにイートインコーナーへと向かった客を、別の客が通報する事案も話題になっています。

店内飲食を自己申告をした客からしたら正直者が損をする展開に我慢がならないのは当然ともいえます。

国税庁の正式見解は「問題にしない」

国税庁の正式見解は倫理上の問題はあっても、いわゆる「イートイン脱税」を問題にはしないとしており事実上罰則規定はありません。

お店側としても厳しい取り締まりによるトラブルは不利益になります。あくまで客側の自己申告と性善説で成り立っている制度であることがわかります。

スーパーのフードコートではイートイン脱税が横行?

レジとイートインコーナーが近いコンビニではあからさまにイートイン脱税をするより、店内飲食を自己申告する客が多いと思います。

しかし広大なフードコートを有するスーパーのフードコートでは無法地帯となる懸念がされています。

レジとフードコートが離れていれば、持ち帰りをするふりをしてフードコートへ移動するのは容易なため、イートイン脱税は間違いなく横行するでしょう。

さいごに

個人的にはスーパーやコンビニでイートイン脱税をするつもりは毛頭ありませんが、正直者がバカを見るような制度は納得できません。

曖昧な軽減税率をするくらいならば、いっそのこと全てにおいて消費税10%へ引き上げられた方がすっきりするような気もします。

関連記事はこちら