バイリンガール炎上

バイリンガールちか炎上!帰国者は自己中?歪んだ正義が横行へ

バイリンガールちか炎上第4弾!帰国はウイルステロ?同調圧力で歪んだ正義感が横行へ

※バイリンガール英会話公式Twitterより、渦中の海外在住者も炎上騒動に参戦へ!

怒りの炎上が衰えず?歪んだ正義が横行へ

帰国報告動画を発端とした「バイリンガール英会話」ちかさんの炎上騒動から2週間。次第に明らかとなったのが日本国内で浸透する歪んだ正義感。

東京では連日100人〜200人の感染が報告される非常事態、目に見えないウイルスのストレスで誰もがピリピリするなか、本来あるべき道義とは大きくかけ離れた歪んだ正義感が横行しています。

【モンスター化?】
日本人特有の同調圧力も重なって次第にこの時期に帰国する者は「自己中」だとする風潮が蔓延。美徳である自らを律する国民性は他人にも厳しいことで知られており、怒りに震える一部リスナーの「モンスター化」が浮き彫りになっています。

私も帰れないのに、なぜあなたは帰る?一部海外組がアンチ化へ

国際感覚が強い海外在住者は今回の炎上騒動を冷静に見つめる傾向がありましたが、帰国不能な異常事態が長期化したことで一部海外在住者には変化も見られています。

【同じ苦しみを味わえ?】
「私だって帰れないのに、なんであなたは帰るのか、私にも同じような乳幼児がいるけど残る決断をした、両親にもまだ赤ちゃんを見せられない」など妬みが感じ取れます。

なぜこのような不均等な条件で比較をしたのか不明ですが、会社負担の長期ビザで万全な医療環境下で暮らすのと、全てが自己責任となる観光ビザの滞在では明らかに条件が異なるものです。同じ苦しみを味わえという考えなのでしょうか?

【防疫の基本は動かないこと?】
「観光ビザを延長して現地に残るべき」と無責任に言い放つ者や「ビザ延長の特別措置がある」とデマを流す者もいますが、現時点マレーシアでは特別措置は出されておらず、非常時にちかさん一家が海外に留まり続けるメリットはありません。

防疫の基本は「動かないこと」と得意げに語る者もいますが「水際対策」さえ整っていれば「母国への帰国」は何ら問題とはされていません。事実として4月上旬米国大使館は感染が広がる日本から米国人に帰国を促しています。

帰国者はバイオテロ?帰国を支援する外務省はテロ支援?

炎上騒動は益々過激にエスカレートしており、ちかさん一家がウイルスを日本に持ち帰る「ウイルステロ」だと批判する「モンスター化」したリスナーも確認されています。

【外務省はテロ支援?】
仮に海外からの帰国者が「ウイルステロ」だとしたら、出国を許可するマレーシアと入国を許可する日本国外務省はテロを支援する理屈になってしまうので、ウイルステロの理論は崩壊しています。

世界各国では相次ぐロックダウン化により、感染のピークは過ぎており帰国者がウイルスを持ち帰るリスクは水際対策もあって減少中。

むしろ感染経路の中心は日本国内にあり、公共交通機関、飲食店の店内飲食、マスクを買い求める際の行列や混雑も危険です。

【聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥】
ロックダウンの国から出国して、非常事態宣言の国に入国するちかさん一家を非常識だと非難する者もいますが、非常識なのは全くの「逆」です。あくまで「国家が決めたルール」に従った帰国者は常識的です。

Stayhomeをしてないアンチが、ロックダウン先進国から万全な対策で移動して誰よりも本気でStayhomeを実践しているちかさんを叩いている現状はあまりにも「とんちんかん」です。

日本国内はまだStayhomeの本当の意味を理解していない状態「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」この機会にマレーシアで厳しいロックダウン生活を経験したちかさんから「本当の自粛とは何か」「Stayhomeとは何か」を頭を下げて教えを請うべきではないでしょうか?

不快?おさるさんのお面は不謹慎?

YouTubeバイリンガール英会話より、ふざけてるのかと批判を浴びたおさるさんのマスク

ちかさんの旦那さんでおさるのマスクを被った通称「おさるさん」と、娘の通称「プリンちゃん」も理不尽に叩かられてしまった被害者。

【言葉よりも外見?】
釈明するのにおさるのマスクを被ってるのは不謹慎だとの声も多いですが、物事を形から入る日本人特有の発想です。

スーツにネクタイをしてるから発言が「正しい」おさるのマスクを被ってるから発言が「間違っている」ということあればかなりの重症です。

【嫉妬への配慮?】
おさるさんの被り物はあくまで脇役に徹する意味と女性からのジェラシーに配慮する意味でもあり、温和で冷静な旦那さんの姿勢は炎上する要素は何一つありません。

赤ちゃんを動画に出すのはかわいそう?

赤ちゃんを動画に出すのはかわいそうとの意見もありますが、他人に育児方針までケチをつけられるのは大きなお世話で、何より子持ちのリスナー層には一定の支持を得ています。

【批判の矛先に変化?】
そもそも不愉快であれば登録を解除してくださいとちかさんも述べている通りに見ない選択を取るべきですが、モンスター化したアンチは批判の粗探しに夢中。

炎上要素とは全く違う方向にまで批判の矛先が向いてきたのは炎上末期の特徴で鎮火の気配も感じ取れます。

【沈静化は時間の問題】
次回の動画配信がどのような内容になるかが注目されますが、釈明をすればするほど火に油を注ぐことになるのは明らか。

今後は炎上騒動には一切触れずに動画を配信すると表明している通り、時と共に炎上は忘れ去られることが濃厚でしょう。

さいごに

過去にユーチューバーの炎上案件でこれほどまで長引いた記憶はなく、今回の炎上はタイミングが不運だったとしか言いようがありません。

日本国内のストレスは最高潮に達しており、人々の心が荒んでいる時期ですが、帰国者に感染拡大の責任を押し付けているようではコロナウイルスへの勝利には程遠いでしょう。

日本の現行法ではロックダウンは不可能。誰かのせいにするのではなく、一人ひとりがコロナウイルスに本気で立ち向かい、未来のために自分自身が自粛に努力する必要があります。

関連記事はこちら