トレンド

放火?タバコの火の不始末?沖縄県那覇市の世界遺産の首里城が全焼へ!

放火?作業員によるタバコの火の不始末?世界遺産首里城が全焼へ!

[※Yahoo!ニュース公式Twitterより引用] 消化活動虚しく、放射熱で次々と延焼へ?

10月31日未明に首里城が全焼へ!

2019年10月31日未明、沖縄県那覇市にある世界遺産の首里城が炎上しました。

第一報は午前2時半頃、異常を検知するセンサーの作動によって警備員が現場へ駆けつけ、火の手を確認して消防局へ通報。

同時刻には近隣住民からも真っ赤に燃え上がる首里城の様子が画像と共にSNS上で拡散されています。

その後、11時間にわたって燃え続けた首里城は主要建物の「正殿」や「北殿」「南殿」など、ほぼ全焼へ。

琉球王国時代より受け継がれた貴重な品々の多くが火災によって焼失したのではと見られています。

放火?それとも作業員によるミス?

現時点で放火の可能性は低く、可能性を指摘すると出火の1時間前に首里城を後にしたイベント作業員による火の不始末の可能性も考えられます。

当時、首里城では琉球王国の儀式を再現する「首里城祭」の準備作業を午前一時過ぎまでしており、炎上の第一報前には現場を後にしています。

作業中、何らかの理由によって建物に火が燃え移ったのか、それとも作業員による火の不始末等があったかなど充分に検証する必要があります

放射熱で次々と延焼!消防隊員なす術なし!

首里城へと駆けつけた消防隊員の消火活動も虚しく、その後11時間にわたって首里城は燃え尽きており、主要建物である正殿など大部分が消失しています。

火災時には放射熱による凄まじい熱波が吹き荒れていたとも言われており、次々に火が燃え移り延焼を繰り返し続けました。

懸命な消火活動により鎮火が確認されたのは午後1時頃、上空からの映像では無残にも焦土と化した首里城が確認されています。

監視カメラなどの映像証拠は?

現在、監視カメラの映像など急ピッチで分析している最中と見られていますが、出火の原因となる映像が残されていたかなどは現時点では不明。

自然発火する可能性は極めて低く、何らかの人為的なミスや放火なども考えられますが、証拠が見つからない限りは責任問題はうやむやになる可能性が大。

尚、今回の首里城火災による犠牲者は一人もおらず、消防隊員1名が熱中症の症状で救急搬送されています。

さいごに

首里城の思い出は、修学旅行で沖縄を訪れた際、台風接近により急遽見学が中止されて非常に残念だったことを覚えています。

数年前、首里城観光を目的として東京から日帰りで首里城を訪れ、念願の首里城見学を果たしています。

飛行機代などを考えると少々無駄使いをした方の気持ちもありましたが、今回の騒動もあって、無理してでも訪れた価値はあったと思います。

長い年月をかけて世界遺産の首里城は復元作業が行われることになりますが、原因究明なくしては再び同じような悲劇を招く可能性もあり、責任問題など徹底追及を求めます。

あわせて読みたい
クラファン好調も首里城の復元は不要?意見が真っ二つへ!首里城の復元は不要?クラウドファンディングが好調も意見が真っ二つへ! [画像はNHKニュース公式Twitterより] クラウドファンデ...
あわせて読みたい
陰謀論も?浮き彫りになった首里城のずさんな安全管理延長コードから出火?浮き彫りになった県移管後の首里城のずさんな安全管理 [画像はYahoo!ニュース公式Twitterより] 延長コー...
関連記事はこちら