トレンド

女性の方が語学に強い理由

どうして男性より語学が優秀?女性の方が外国語に強い理由

女性の方が語学に強いという長年の疑問を検証!

女性は語学に強い?

英語をはじめとして外国語は女性の方が優秀だと言われています。

実際、語学学校の授業では女性の方が積極的に発言する傾向にあり、テストの点数も女性の方が優秀だと言われています。

同じスタート地点で、同じだけ努力を積んでも、全体的に女性の方が優秀、今回はその理由を検証していきたいと思います。

女性が男性より語学に強い理由とは?

優秀である理由

•女性は元来お喋りな性質がある
→女性の方が口が達者で、そもそも言語中枢が男性を上回っている傾向があります。

•耳で音を聞いて、声として発するのが得意
→例えばカラオケにしても女性の方が好きで、歌を耳で聞いて、声として発生するのが得意な面もあります。語学で最も大事な要素は発音で、耳で聞いて音を再現するのが得意な女性ほど伸びる傾向にあります。

•女性は話しかけられる機会が多い
→レディーファーストな国々では、女性の方が親切にされる傾向が強く、男性と比べると旅行先、留学先で現地人と会話をするチャンスが多い傾向があります。

•女性はマメな性格
→女性の方が言語にマメな性格である傾向が強く、勉強ノートを作ったり、取り組み方が熱心であるとも。

•負けず嫌い
→女性の方が負けず嫌いな傾向が強く、他人と切磋琢磨して伸びる傾向にあります。

この中で最も信憑性があるのが、元来お喋りな傾向が強いことだと思います。言語は実際に使うほど伸びると言われており、無口な人よりお喋りな人ほど上達します。

語学には才能がある?

語学は才能よりも努力次第で平等と思いたいところですが、残念ながら生まれつきの才能による部分が強いです。

足の速さが人それぞれなのと同様に、言語も伸びる人、伸びにくい人がいます。才能がある人は同じ努力をしても、才能が劣る人と比べてどんどん伸びます。

そして年齢が若い人ほど語学を吸収する力が強く、加齢とともに語学力は衰えます。全ての人が平等の力が備わっているわけではないので、優秀な人は優秀ではない人に寛容になる必要があります。

才能がある人は、他人に寛容であるべき

才能がある人は自分は才能があるとは思っておらず、努力で語学が実を結んだと思う傾向があり、語学が伸びない人に対して「努力が足りない」「怠け者」と見下してしまう人もいます。

前述した通り、生まれつきの才能や年齢により語学の吸収力は人それぞれで、同じ努力を積んでも結果はそれぞれ違います。

自分が出来たんだから、出来ない人は努力が足りないとは思わずに心を広く寛容になりたいものです。

さいごに

個人的にも語学が好きで過去には英語以外に、中国語やベトナム語などの語学学校に通った経験があります。

その時に感じたのは、総じて女性の方が語学が優秀だということ、実際同時通訳者や、翻訳家も女性の方が多い傾向を感じます。

日本ではお喋りな男性は嫌われる傾向にあり、男は多くを語らず行動で示せという古い伝統的な考えも語学にとってはマイナスといえるでしょう。

関連記事はこちら