海外情報

日本でも飲める?濃厚なベトナムコーヒーの魅力とは

日本でも飲める?練乳たっぷり超濃厚なベトナムコーヒーの魅力とは

濃厚なベトナムコーヒーはベトナム名物のバインミーともバッチリ合います

ベトナムコーヒーとは?

ベトナムはコーヒー豆の世界第二位の生産量を誇る言わずと知れたコーヒー大国。

主にロブスタ種をメインに栽培されており、ロースト方法は深煎りで粗めに挽くのが特徴で、香りつけとしてバターを使うことも。

抽出方法はアルミやステンレスフィルターでゆっくり時間をかけてポタポタと抽出するため非常に濃厚。抽出されたベトナムコーヒーをそのまま飲むには非常に苦くて濃いためシロップやコンデンスミルク(練乳)を入れてかき混ぜて飲むのが一般的。

コンデンスミルクを加えたベトナムコーヒーは非常に濃厚なため、大量のクラッシュアイスを入れたグラスに注いで飲むと丁度良い味わいとなります。

しかし日本人が好むアメリカンコーヒーと比べると非常に濃厚なため日本の喫茶店では一般的には販売されておらず、ベトナム料理店や一部カフェチェーン限定。

練乳入りベトナムアイスコーヒーは激甘!日本では流行らない?

四季のある日本の風土では練乳入りベトナムコーヒーは甘すぎるため一般的には飲まれておらず、温暖な東南アジアの風土に合った飲み物であると思います。

ベトナム南部のホーチミン市では1年通して気温が30度を超えることが多く、暑さによる疲労回復効果として甘い飲料が好まれます。

日本の環境で飲むには甘すぎる練乳入りベトナムコーヒーですが、現地ベトナムで飲む場合は暑さで疲れた身体には丁度良く飲むことができます。

ジョージアのマックスコーヒー(MAX COFFEE)がベトナムに逆輸入されている!

現在、日本のマックスコーヒーがベトナムで販売されています。その理由はやはりマックスコーヒーの甘さがヒント。

実はマックスコーヒーにも練乳が入っており、非常に濃厚で甘い味わいが特徴。そのためマックスコーヒーは現地のベトナム人が飲んでも充分に満足できるほどの甘さと濃厚さがあるといえます。

マックスコーヒーは日本のコーヒーではありますが、日本でベトナムコーヒーに近い味わいを得るにはマックスコーヒーがベストかもしれません。

日本でベトナムコーヒーを手に入れるには?

ネットショッピング大手のAmazonではベトナムコーヒーの深煎り豆(粉末及び豆)を購入することができます。

抽出用として、アルミかステンレスのフィルターもネットショッピングで手に入れたいところで、練乳は近くのスーパーでチューブ式が簡単に手に入るでしょう。

そこまで本格的に作ることが面倒な方々には、同じくAmazon等でインスタントのベトナムコーヒーを入手するのもおすすで、熱湯を注ぐだけで簡単に甘くて濃厚なベトナムコーヒーを楽しむことができます。

現地でベトナムコーヒーを飲むのがいちばん

実際、現地ベトナムでベトナムコーヒーを飲むことが最良の選択。どうしても日本の風土では激甘なベトナムコーヒーを本格的に味わうにはいまいち。現地ベトナムの風土で飲むベトナムコーヒーが最も美味しく味わうことができます。

ベトナムは元フランスの植民地だったこともあり、カフェ文化が浸透しています。街では簡易的なローカルカフェや、吹き抜けのローカル店舗型カフェ、そして快適なエアコンが完備されたおしゃれなカフェチェーンなど、カフェ好きには最高の国。

観光客におすすめのカフェはハイランズコーヒー

観光客が気軽に入ることができるお店としておすすめしたいのが「ハイランズコーヒー(Hilands Coffee)」という現地系カフェチェーンで、基本的に空調、Wi-Fi完備で生活で外国人にも居心地の良い店舗環境。

観光客が多く訪れるエリアにある店舗であれば英語も通じますし、指さしでも注文が可能となっており、名物の練乳入りベトナムコーヒーも飲むことができます。

Hilands Coffee(ハイランズコーヒー)
2大メニュー

・Phin Sua da 29,000VND(約245円)
練乳入りベトナムアイスコーヒー
※激甘の練乳入りベトナムアイスコーヒー、非常に濃厚で甘いのである程度氷が溶けた頃が飲み頃となります。

・Phin Den da 29,000VND(約245円)
練乳なしベトナムアイスコーヒー
※基本的にはガムシロップが入れられますので、不要な方はノーシュガーなど注文時に指定してください。

さいごに

ベトナム旅行の醍醐味として、おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを飲むことも楽しみ方のひとつで、ベトナムに滞在する際には1日1回は現地のカフェで濃厚なベトナムコーヒーを飲むことが至福の瞬間でもあります。

しかし非常に甘いので飲み過ぎには注意したいところ、多くても1日一杯が目安で、できればお水やお茶と交互に飲むことがおすすめ。

ローカルカフェではベトナムコーヒーと一緒にベトナム名物のロータスティー(ハス茶)が提供されることも多く、セットで飲むのが王道とされています。

関連記事はこちら