エアアジア年間パス

搭乗拒否問題は?エアアジアのアンリミテッドパスが3カ月間延長へ!

搭乗拒否はある?AirAsiaの1年間乗り放題Unlimited Passが3カ月間延長へ

※AIRASIA NEWSROOMより、コロナ禍ですっかり忘れ去られていたアンリミテッドパスが3カ月間延長へ!

エアアジアの1年間乗り放題パスが延長へ

5/11、AIRASIA NEWSROOMにて1年間乗り放題として知られるUnlimited Passの有効期限延長が発表されています。

発売当初2月16日までだった有効期限が6月16日まで約3カ月間延長されることになり、マレーシア国内外の購入者から喜びの声が聞かれています。

議論となっていた搭乗拒否問題は未解決問題ですが、3カ月間期限が延びたことで来年の6月までチャレンジする機会が延びたことになり、全ての購入者にとって朗報になりそうです。

実際に乗り放題パスが使えるのはいつに?

3月8日の販売終了から約一週間後にはタイ・エアアジアXが3カ月間の長期運休へ突入。

タイ国内の入国制限長期化により7月末まで運休が確定しており、運航再開は早くとも8月1日以降に延びています。

マレーシアを拠点とするエアアジアXも3月下旬から現在まで運休中。先日6月中の運休も確定し、運航再開は早くとも7月1日以降になります。

タイ、マレーシア共に8月いっぱいまでは再延長の可能性が高く、国際線の運航再開は早くとも秋以降になるのでは?と見られています。

乗り放題パスの対象路線再開なくしては、パスの利用機会は一向に訪れないため、運休が長引けば有効期限の再延長も濃厚でしょう。

人の不幸は蜜の味?マレーシア国外から購入した者へのバッシング

Unlimited Passがここまで大きな話題に上がった要因として、マレーシア居住者向けという曖昧な規約で販売されていた点。

マレーシア居住者向けとされて販売されていたにもかかわらず、当初はマレーシア国外からの購入是非を問う者はおらず「買えるなら買いたい」との声が大半でした。

初心者にはやや難解なVPN設定やクレジットカードが弾かれてしまう問題もあって、購入したくても購入出来なかった者が続出へ。

その後旅行情報メディアの取材によってエアアジア側はマレーシア居住者以外は搭乗拒否をする姿勢だと報じられており、購入出来ずに嫉妬に燃えていた者たちを「人の不幸は蜜の味」とばかりに歓喜させています。

乗れれば儲けもの?ダメ元でチャレンジへ

SNS上の声を聞く限り、購入者のほとんどは年間パスによる搭乗を諦めてはおらず、コロナ終息後に搭乗チャレンジする意欲が感じ取れます。

3カ月間期間が延びたことで、少なくとも来年の6月いっぱいまでは搭乗チャレンジすることが可能へ。

ウイルスの終息時期は全く読めませんが、有効期限の再延長が都度行われれば確実に搭乗のエックスデーは訪れそうです。

仮にマレーシア国外からの購入者が普通に搭乗できてしまう事態となれば、購入出来なかった者たちにとっては「苦虫を噛み潰したような」不愉快極まりない展開になるでしょう。

さいごに

エアアジアのUnlimite Pass販売は日本人の性質が良くも悪くもあぶり出される格好となりました。

誰よりも得をしたい気持ちが購買意欲を駆り立て、不公平を嫌う国民性が購入者を不届きものとするバッシングをも生み出しています。

救いとして一部購入者の中には今までお世話になったエアアジアへの義援金として考えている人たちも多く、仮に搭乗拒否されてもエアアジアが存続されればそれで良しという心意気も感じます。

あわせて読みたい
倒産はある?エアアジア運休による返金問題で購入者の不満が爆発へ返金手続きが不能に?エアアジア運休による返金問題で購入者の不満が爆発へ エアアジア専用ターミナルのKLIA2、マレーシア政府の救済が急...