タピオカブーム

タピオカブームに影響?フジモンとユッキーナが大晦日にタピオカ離婚へ

タピオカミルクティーブームに影響?フジモンとユッキーナが大晦日にタピオカ離婚へ

タピオカ恫喝騒動がタピオカブーム終了のきっかけ?

フジモン&ユッキーナが大晦日に離婚!

2019年12月31日令和元年の締めくくりの日、藤本敏史と木下優樹菜の大晦日離婚がツイッターでトレンド入り。

夫婦は1年前からマンション内別居、夫婦共演のCM契約満了を待っての離婚としており、既に弁護士を交えて財産分与や親権問題は解決済みとしています。

離婚の原因はフジモンがユッキーナをきつく叱りつけたことで、ユッキーナが口をきかなくなり夫婦関係が破綻しています。

タピオカ恫喝騒動が離婚の決定打?

実際のところはタピオカ恫喝騒動が離婚の決定打ではないかとの声が多く囁かれています。

姉が勤務していたタピオカショップで姉が首になったことに腹を立てたユッキーナがSNSを介してオーナーを恫喝した様子が画像と共に大流出。

以降、SNS上ではユッキーナへの批判は鳴り止まず、本人のInstagramアカウントは大炎上し沈静化の気配なし。

ユッキーナ芸能界を休業状態へ

スポンサーの意向で徐々にTVの仕事が減少し、学園祭などのイベント出演も次々と取りやめになり事実上の休業状態へ。

このイメージダウンによって、おしどり夫婦として有名だった夫フジモンまで仕事が減少したことが離婚の引き金となった可能性が濃厚。

夫婦の関係を一旦断ち切り、ひとまず夫フジモンの仕事だけでも回復させる狙いがあると考えるのが自然です。

8月には夫婦で離婚ドッキリに出演

今年8月にはバラエティー番組で夫婦で離婚ドッキリを仕掛ける企画で番組へ出演。

内容は楽屋に集まった芸人たちに「実はもう離婚をしている」と打ち明けるドッキリ。仮に離婚に向けて話し合いをしていたのが真実だとしたら本心を隠して出演したことになります。

しかし夫婦で頻繁にドライブをしていたとの話もあり、1年前からの夫婦関係破綻は信ぴょう性が低く、やはりタピオカ恫喝騒動が離婚の決定打と見るべきでしょう。

さいごに

タピオカ恫喝騒動がタピオカミルクティーのイメージを著しく下げ、タピオカブーム終了のキッカケを作ったとも囁かれています。

本来タピオカには何ら罪はないものですが、残念ながらタピオカ恫喝騒動以降はメディアでのタピオカ特集も減少し、代名詞であった行列も途絶えています。

関係者にとっては、今回の離婚をきっかけに再びタピオカブーム再燃へと風向きが変わることを祈らざるを得ないでしょう。

関連記事はこちら