災害情報

汚泥流出!大規模冠水により武蔵小杉が住みたい街から住みたくない街へ?

風評被害も?大規模冠水により武蔵小杉が住みたい街から住みたくない街へ

横須賀線武蔵小杉駅の開通も人気を押し上げた要因!近年深刻な混雑が問題へ

台風19号で武蔵小杉が大規模冠水へ

2019年10月12日(土)、首都圏へ上陸した非常に強い台風19号。

首都圏で最大の冠水を記録したのは、皮肉にも住みたい街ランキングの常連である武蔵小杉駅周辺。

武蔵小杉は元々は川崎市の地味な工業地区、現在タワーマンションなどが建つ新開発エリアはここ10年で急激に発展したエリア。

住みたい街、そして夢のタワーマンションによって近年人気急上昇中の武蔵小杉が汚泥を含む冠水により、大きな風評被害を受けています。

タワーマンションが停電、断水、トイレ禁止の三重苦へ

台風19号の豪雨による多摩川氾濫により、下水に大量の水が流れ込み、武蔵小杉駅周辺で下水が大噴出。

川から溢れ出した水ではなく、下水の逆流のため糞尿入りの汚泥が含まれており、茶色く濁った水による強烈な悪臭が一帯を覆いました。

一部タワーマンション地下が完全に水没したため配電盤が故障、停電が発生すると共に水道もストップ。

更には下水も故障して一部タワーマンションではトイレ禁止令が発令され、住人の鼻がへし折られる展開にSNS上では心ない声が響き渡りました。

風評被害も?住みたい街から住みたくない街へ

実際のところ停電、断水、トイレ禁止も一部タワーマンションで実際に発生しているため、風評被害とは言い切れませんが、下品な言葉で茶化すような発言がネット上には溢れており看過出来ない状況。

武蔵小杉周辺のマンション「ブリリア武蔵小杉」は単に名前がトイレを連想させるというだけで、トイレ禁止令が出されているとのデマが発生。

おしゃれで住みたい街武蔵小杉が一転、不名誉なイメージが定着しつつあり、風評被害によって、住宅価格にまで影響を及ぼしかねない状況です。

亜熱帯化で根本的な解決は難しい?

九州各地は元々台風の影響が強い地域でしたか、関西及び首都圏ではここまで深刻な台風被害を受けることはありませんでした。

2018年に関西地方を襲った台風21号では、関西国際空港は大規模冠水、滑走路や電源施設が水没し空港機能を喪失。

今年は記憶に新しい「台風15号」「台風19号」「台風21号」など、過去に類を見ない大型台風が首都圏を連続して襲っており、千葉は壊滅的な被害を受け続けています。

地球温暖化により、年々亜熱帯化が進んでいるとも言われており、来年以降も非常に強い台風が首都圏へと上陸する懸念があり、根本的な解決手段はないのが現状です。

さいごに

人気の武蔵小杉がここまで叩かれてしまったのは、日本が深刻な格差社会へと陥っていることも一つの要因でしょう。

タワーマンションに住む人たちには何ら責任はありませんが、急激に人気が上昇した武蔵小杉への妬みのようなものが膨れ上がり、今回の騒動で一気に爆発したのではと思われます。

今後も何かにつけて武蔵小杉への風評被害が続く恐れもあり、住みたい街から住みたくない街へと評価が一変する可能性も否めません。

あわせて読みたい
台風21号の豪雨!武蔵小杉は?成田空港方面の佐倉〜酒々井で大規模冠水へ帰宅難民発生?台風21号の豪雨!成田空港方面の佐倉駅〜酒々井駅で線路が大規模冠水へ [画像はYahoo!ニュース公式Twitterより...
関連記事はこちら