トレンド

13歳の娘も?NBAの大スター!コービー・ブライアント氏ヘリ墜落で死亡

NBAのレジェンド!コービー・ブライアント氏ヘリコプター墜落事故で亡くなる

※画像はTMZ.com公式Twitterより、在りし日の現役時代の様子

コービー・ブライアント

1978年8月23日生まれの元NBAロスアンジェルス・レイカーズに所属した大スター。

現役時代はポストジョーダンとして、マイケルジョーダンを彷彿とさせるプレイスタイルで2度の得点王と5つのチャンピオンリングを獲得。

2015-16を持って現役を引退し、レギュラーシーズン通算33,643得点は歴代4位。その伝説のスターであったコービー・ブライアント氏がヘリコプターの墜落事故で亡くなったとの衝撃的な訃報が舞い込んできました。

享年41歳!ヘリコプターのクラッシュによる墜落

※Earvin Magic Johnson氏の公式Twitterより、亡くなったコービー・ブライアントさんと娘のジアーナさん

速報によりますと、コービー・ブライアント氏は現地時間日曜日朝、カリフォルニア州北西部カラバサスにて、ヘリコプター墜落事故によって命を落としたとのことです。

この墜落したヘリコプターに搭乗していたのはコービー・ブライアント氏を含めた9名で生存者はなし。最新情報では13歳の娘さんも含まれていたことが判明しており、悲しみをより増幅させています。

ヘリコプターは非常に安全な乗り物としても知られていますが、当日どのような状況下によってクラッシュしたかなどは続報を待ちたいと思います。

引退からわずか4年、41歳とまだまだこれからという時期でのあまりにも不運な事故。事故の瞬間は非常に無念であったことと思われますが、ファンとして心よりご冥福をお祈りいたします。

コービー・ブライアント氏の名前の由来は神戸?

NBAを本格的に見始めたのがちょうどコービー・ブライアントがデビューした1996シーズン。

当時は身体の線も細くまだまだ初々しかった印象ですが、マイケル・ジョーダンを彷彿とさせる運動能力や才能は並外れており、将来の大スターを予感させました。

コービー・ブライアントの父親が日本を訪れた際に神戸牛を食べ、その美味しさを感動してコービー(Kobe)と命名したとされる逸話もあまりにも有名で、日本人には特に人気があった選手でした。

さいごに

個人的にもNBAでは一二を争うほどの大好きな選手だっただけに今回の訃報はあまりにも残念でなりません。

現役時代のパワフルなダンクや正確無比なシュートが今でも鮮明に印象に残っています。

プレイ以外でもファンに対する振る舞いも素晴らしく、バスケットの神様マイケル・ジョーダン氏と肩を並べる選手として敬意を表したいと思います。

関連記事はこちら