エアライン

韓国まで往復1万円!?日韓関係の冷え込みで韓国旅行のチャンス到来へ

韓国まで往復1万円!?日韓関係の冷え込みで韓国旅行のチャンス到来へ

格安航空券はスカイスキャナーで楽々料金比較!

日韓関係の冷え込みで観光客激減

8月上旬、日本政府は韓国をホワイト国から除外することを閣議決定、韓国政府も応戦するようにGSOMIAを破棄。

日韓両政府互いに一歩も譲る姿勢がなく、過去最悪レベルにまで日韓関係が冷え込んでいます。

韓国国内では日本への不買運動が加速、韓国人観光客による訪日も激減し、LCCを中心に運休・減便が相次いでおりチケット価格が大幅に下落中。

韓国まで往復1万円?韓国旅行のチャンス到来!


早速スカイスキャナーで直近の成田発仁川行を検索すると、平日で10,067円で検出されました。


スカイスキャナーではお馴染みの格安航空券予約サイトのTrip.comを選択すると、手数料込で合計10,521円。

航空券詳細

航空会社
ティーウェイ航空

2019/09/09(月)
成田発18:45/仁川21:30

2019/09/13(金)
仁川発14:45/成田17:30

合計料金
10,521円

平日の往復ですが、手数料込みで合計1万円程度で購入することができます。

これほど安いと、現在夏季休暇中の大学生であれば韓国へ国内旅行感覚で行けることでしょう。

対日感情には注意?韓国旅行の安全性

SNS上でソウルへ旅行中の日本人女性が、韓国人男性から差別的な言葉と暴行を受けたとする情報が拡散され、日韓で大きな話題になりました。

不買運動と暴力事件が重なり韓国旅行への大きな不安が広がりましたが、その後も日本人観光客による韓国旅行の安全性が報告がされています。

政府間の確執や日本への不買運動が起こっていることは事実ですが、反日感情が個人の観光客へ向くことは稀で実際のところは充分な安全性が確保されているようです。

香港も正常不安でチケット価格が下落中

現在、香港では逃亡犯条例改正案による抗議デモが毎週のように発生。

先日香港政府は逃亡犯条例の改正案を「正式撤回」を表明しましたが、依然として抗議運動は冷める様子はなく警戒感が高まっています。

今週末も(※9/7時点)香港国際空港への抗議集会が呼びかけられており、香港警察は厳戒態勢を組んで抗議デモの阻止へと動いています。

韓国同様にチケット価格は下落中ですが、空港封鎖や市内で大規模な抗議デモに遭遇するリスクがあるため韓国よりも危険。

万が一のリスクを考えると、香港への渡航は自粛するのが無難といえます。

さいごに

史上最悪規模の日韓関係冷え込みにより、日本〜韓国間の航空券が非常にお手頃。

一部過激な反日思想の活動家には注意が必要ですが、宿泊費も大幅に値下げされているので、韓国旅行は今まさに穴場観光地です

関連記事はこちら