新型肺炎

参加料の返金なし?新型肺炎の影響で東京マラソンの一般参加中止へ

参加料を返せ!?新型コロナウイルスの影響で東京マラソン一般の部が中止へ

※画像はYahoo!ニュース公式Twitterより、なぜ参加料を返金せず!?

東京マラソンの一般参加中止へ

2020年3月1日開催予定の東京マラソンですが、先日ついに「一般参加の中止」が発表されました。

尚、エリート選手の部は予定通り開催する予定としていますが、一般参加者に対しては「参加料の返金なし」と驚くべき決定がされ、物議を醸しています。

金返せ?一般参加者への参加料返金なし

ランナーの参加料

国内
16,200円

海外
18,200円

東京マラソンは抽選により約4万人のランナーが参加する世界屈指のマラソン大会。

お世辞にも安いとはいえない参加料ですが、返金なしとの決定に参加予定者からは大きく不満の声が上がっています。

尚、特例として来年度の出走権を与えるとしていますが、来年度の参加料は別途徴収する方針。

この泣きっ面に蜂とも言える決定により、東京マラソンの苦しい懐事情が浮き彫りになっています。

エリート選手の部は予定通り開催されるため、東京マラソンの宣伝・会場・警備などの開催費用を賄うには一般の部の参加料が不可欠だからでしょう。

新型肺炎の終息はいつ?東京マラソンの応援も自粛要請へ

3月1日に開催予定の2020年度東京マラソンですが、新型コロナウイルスの終息には今しばらく時間を要する見込みで、街頭での応援を自粛するよう呼びかけられています。

東京オリンピックへの出場枠1を争う重要な大会であることと、国内外からの注目度も高く当日は大勢の観戦者が訪れ、ウイルスの蔓延が懸念されています。

公道を走るレースのため実質的に観戦者を制限することは難しく、あくまで自発的な自粛を求める形になりますが、ご自宅でテレビ観戦するのがベストでしょう。

2020年東京オリンピックは是が非でも開催へ?

日本政府は今夏の東京オリンピックを国の威信をかけて開催すると強調しています。

先日湧き上がった東京オリンピック中止の話題も、大会組織委員長の森喜朗氏は中止も延期もないと一蹴へ。

専門家によると、暖かくなる春頃には新型コロナウイルスが縮小傾向となると楽観的な予測もあります。

しかしタイ、シンガポールなど常夏の国々でも新たな感染例も報告されており、単純に暖かくなれば終息するものではないでしょう。

さいごに

東京マラソン一般の部中止は、日々緊迫化が増す状況を考えると充分想定内でしたが、出場料を返金しない決定には正直驚きました。

仮に返金するなら東京マラソンのエリートの部を含めて全て中止にせざるを得ないでしょうが、本大会への残り1枠を争う重要な大会のため非常に難しい決定であったことがわかります。

関連記事はこちら