新型肺炎

北海道で新たに3名感染!ついに10歳未満の子供にも感染へ

北海道で新たに3名感染?新型コロナウイルス拡大防止でサンリオピューロランドは臨時休業へ

※画像はYahoo!ニュース公式Twitterより、ついに日本国内で10歳未満の子供が感染へ!

北海道で10歳未満の子供が感染!

北海道の中富良野小学生に通う小学生の兄弟が新型コロナウイルスに感染したことが発表されています。

1人は10歳未満の子供、小さな子供には感染しにくいという新型コロナウイルスの特徴が覆される形となり波紋を広げています。

尚、10代の兄弟2名は回復傾向であることが伝えられており、これまで通り子供は重症化しないとの特徴は変わらず。

新型コロナウイルスは子供には感染しづらく重症化しない?

現在のところ小さな子供へと感染した事例は少なく、新型コロナウイルスが原因で亡くなったとされる10代はいません。

ウイルスによる死亡例は60代以上の高齢者が多く、糖尿病や高血圧などの合併症により亡くなるケースがほとんど。

子供への感染例や重症化は少ないものの、アジア各国では過保護な国民性もあって小学生の休校が相次ぎ、少なくとも3月いっぱいは休校する案が増えています。

例えばベトナム国内では保護者から新型コロナウイルスの蔓延が落ち着くまでは、子供を学校へ通わせたくないとする声が相次いでいるとのことです。

サンリオピューロランドが臨時休業へ!

2月21日、サンリオピューロランドを運営するサンリオはウイルスの拡大防止のために2月22日〜3月12日までの間、同テーマパークを臨時休業すると発表しています。

サンリオピューロランドといえば来園者のほとんどは小さな子供と保護者。小さな子供には感染しにくく、重症化しない傾向ながら大事をとって臨時休業する判断を取っています。

企業の利益より消費者の身を守る経営は合理的かつ信用性を高める経営判断、日本最大のテーマパーク「東京ディズニーランド」と「USJ」の今後の対応が気になるところでしょう。

上海ディズニーランドと香港ディズニーランドは休園中

最大のウイルス蔓延国である中国上海の上海ディズニーランドと、中国大陸に隣接する香港ディズニーランドは現在休園中。

新型コロナウイルスの拡大が懸念されるなか再開の目処は立っていない状況。日本国内のディズニーランドも即時休園すべきだとの声も上がっています。

今後、安全よりも利益優先しがちな日本人特有の経営体質が問題化する恐れもあります。

さいごに

最大の焦点は平和の祭典である東京オリンピックの開催or中止。

日本政府としては国家の威信をかけて東京オリンピックを成功させるとしており、中止の判断は今のところ皆無でしょう。

仮に中止となれば日本経済に与える影響は甚大、これまで投資してきた五輪関係の事業は水の泡となります。

ここ数日急激な円安が進んでおり、新型コロナウイルスよる日本経済への不安感の高まりが大きく影響しています。

関連記事はこちら