エアライン

スクート 7,900円〜のフラッシュセール開催中!

スクート 7,900円〜のフラッシュセール開催中!成田ードンムアン便が安い!

復路のドンムアン発はなんと8,838円から!

スクートのフラッシュセールとは?

シンガポールの格安航空会社であるスクートが、同社保有のアジア路線で行なう割引プロモーション。

フライト先は27都市で、日本人に人気のある台北行き、バンコク行き、シンガポール行きなど、最安7,900円〜販売されています。特に現在、成田ードンムアン(バンコク)線は競争路線で定期的にプロモーションが開催されており、格安料金で購入することができます。

販売期間:5月22日〜5月31日夜23:59まで
搭乗期間:5月22日〜12月20日まで

成田ードンムアン間が往復2万円台で購入可能?


ご覧の通り、直近の出発でも片道1万円程度で購入が可能となっており、クレジットカード手数料含めても往復2万円くらい。

こちらの価格は受託手荷物、機内食、事前座席指定などの有料オプション類は一切付属しない価格。節約したい方々はお土産などは大量の購入することはできませんが、機内持ち込み限定で購入されると良いでしょう。

スクートの機材はLCCながら最新鋭機のB787

成田ードンムアン便で使用されている機材はボーイング社の最新鋭機B787型機で、乗り心地は申し分なく、快適に搭乗することができます。

同グループのノックスクートも大型機のB777型機と、こちらも広々とした空間で快適に過ごすことができます。

5月、6月はタイではローシーズンにあたるため空席が多数残っており、運が良ければ隣が空席ということもあります。

座席は当日チェックインカウンターでリクエストするのがお得

窓側、通路側など特定の座席を確保したい場合は事前の座席指定料金支払って予約したいところです。節約される場合は当日チェックインカウンターで空席具合によりますが、リクエストすることができます。

チェックインカウンターは出発3時間前にはオープンするので、座席を無料で確保したい方はなるべく早めにチェックインカウンターで手続きをしましょう。

スクートの機内食は割高

スクートは格安航空会社ということで、機内食が有料サービスとなっています。成田ードンムアン間は飛行時間が6時間強の中距離路線ということで、空腹のまま搭乗すると途中でお腹が減ります。

機内食は1,000円以上が相場で、どうしても節約したい方は比較的リーズナブルなカップ麺を購入されるか、搭乗前に事前に食事を済ませておきたいところです。

スクートが出発する成田空港第2ターミナルの搭乗ゲート付近にはコンビニ価格の売店もありますので、パンやおにぎりなど購入してお腹を満たすことができます。

吉野家も搭乗ゲート付近にあるので、空港内のレストランでは比較的リーズナブルな牛丼を食べるのも良いでしょう。

注意点としては、スクートでは飲食物の持ち込みが禁止されており、機内に食事を持ち込んで食べることは禁止されています。こっそり飲み物を飲む程度なら黙認してくれる可能性もありますが、自己責任でお願いします。

さいごに

個人的にはスクート便で、B787の成田ー台北線の搭乗経験があります。ボーイング社の最新鋭機ということで、機材も新しく非常に快適なフライトであったことを覚えています。

LCCは一般的には中型機A321が主流となりつつあり、大型機材を中心に運航するスクートやノックスクートは大変乗り心地がよくおすすめ。

到着地は新しく便利なスワンナプーム国際空港ではなく、古い方のドンムアン国際空港のため移動はバス、タクシーになります。

節約される場合はエアポートバスで最寄りのBTSモーチット駅まで移動して人気のスクンビットエリアへ移動するか、エアポートバスの直行でバックパッカー街のカオサン通りへ移動すると良いでしょう。

あわせて読みたい
激安!タイ・ライオン・エアがメガセール開催中!全路線最大50%オフ激安!タイ・ライオン・エアがメガセール開催中!全路線最大50%オフ 過去最安のメガセール開催中! タイ・ライオン・エアとは インド...
あわせて読みたい
バーツ高!日本人観光客にとってタイは物価の安い国から物価の高い国へ?バーツ高!日本人観光客にとってタイは物価の高い国へ?10年間の円→THB為替レート推移まとめ バーツ高でも不動の人気を誇るタイ王国!日...
関連記事はこちら